感じた儘に日常を発信し共感してもらえる方がいたらラッキー!


by かすみくいびと

<   2014年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

昨年10月に始めたバードカービング
10月28日まで上野の東京都美術館で開催された全日本バードカービングコンクールの
ビギナー部門に、怖いもの知らずというか、何もわからないままに3点出展してみました。
結果、なんとなんと3点とも入選していました。
嬉しさのあまり、投稿してしまいました。


ナチュラルフィニュッシュ部門(色付けしないで、自然の木を生かした作品。     
               焼き鏝で焦げ目をつけることはできる)
 
第2位 作品名 「スズメ」
c0330213_21121069.jpg



















c0330213_20540204.jpg










第3位 作品名「ミソサザイ」
c0330213_21085604.jpg



















c0330213_20514814.jpg










ライフサイズ部門 (等身大:実物どおりにつくる作品)

佳作 作品名 「シジュウカラ」
c0330213_21113253.jpg



















c0330213_20525895.jpg










来年は「初級部門」に昇格ですでが、今から何を作ろうか考え始めています。

想像以上に、深入りしそうな趣味になってしまいました。



















[PR]
by k-kajyu1099 | 2014-10-29 22:04 | バードカービング
今回はカワセミの足の制作に挑戦です


鳥の足の指は4本です。
カワセミは中の2本がほぼくっついているのが特徴です。退化しているとのこと。

先ず、太さ約1㎜の針金を4センチぐらいの長さに切り、片方の先端をとがらせます。


c0330213_20493410.jpg













続いて、図面に従ってそれぞれの指の爪先と指の形に曲げます。
ミリ単位での作業なので老眼のわが眼には厳しい作業です。

c0330213_20501151.jpg













各指の肉付けです。のりが付いた2.5mm幅のテープを使いました。

c0330213_20504524.jpg














左右の足にまとめます。この時に枝などに止めるための心棒を一緒に巻きつけます

c0330213_20511539.jpg













何とか、足らしくなりました。
中の2本は変なくらいにくっついています。
前回作ったシジュウカラとは全く違った形です。

次はどの部分を作るのか楽しみです。









[PR]
by k-kajyu1099 | 2014-10-29 21:38 | バードカービング
今回は、羽の部分の削り出しに挑戦です。
細かい作業なので慎重に時間をかけて削っています。


先ずは、図面を参考にして本体に鉛筆で羽の1枚1枚を書き込んでいきます。
平面の図面を見て立体に書き写すのがとても難しく、何回も消しゴムで消して書き直しをしました。
先生からは「各羽が、体のどの部分から出ているかを考えながら書き込むと自然できれいな羽になりますよ。」
と言われ、解剖学的知識も必要なのかと、改めてその奥の深さを感じた次第です。
c0330213_11401351.jpgc0330213_11402577.jpg
























次に彫刻刀の印刀を使って、一枚一枚削り出す作業です。爪の根元の薄皮をはがしていくような細かい作業で、
息をするのを忘れるくらい集中しました。尾羽の部分も掘り出しました。

c0330213_11403278.jpg
c0330213_11404135.jpg
この後は、紙やすりで丸みをつけていく作業となります。


なお、今月の22日(水)~28日(火)9:30~17:30(最終日は15:00)に、上野公園内にある
東京都美術館(地下3階 ギャラリーA)にて、全日本バードカービング・コンクールが開催されます。
入場無料ですので、興味のある方は是非ご来場ください。私も、ビギナーの部に出品しています。

                      

 ミソサザイ (上)  スズメ(下)                  
c0330213_11405568.jpgc0330213_11410990.jpg

[PR]
by k-kajyu1099 | 2014-10-14 12:41 | バードカービング
今回から愈々カワセミの体の部分の作成に取り掛かりました。

先ずは、各パーツの大きなブロックを書き入れました。
なかなか図面のようには書けなくて初っ端から苦戦しました。

c0330213_22122277.jpg


書き入れた線に沿って3㎜幅の彫刻刀(丸刀)で深さ2㎜くらいに彫り
次に各パーツの角をサンドペーパーで削って丸みを出していきます。
c0330213_22232626.jpg
















先生曰く「鳥さんは角があると飛べませんので、丁寧に丸みをつけてください」とのこと。
でも、これが難しく、なかなかそれらしくならないのです。 008.gif
c0330213_22233578.jpg

次回の講習会は、来週になりますが、細かい羽を削り出すことに挑戦することになると思います。




















[PR]
by k-kajyu1099 | 2014-10-04 15:13 | バードカービング