感じた儘に日常を発信し共感してもらえる方がいたらラッキー!


by かすみくいびと

<   2015年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

コノハズクに目を入れボディーに羽を刻み込む作業になりました。

c0330213_19330819.jpg  
右側の顔の部分は、シール材で補強して目を入れました。
最終的には、アクリル絵の具で着色します。

左側は、色を塗らずに完成させるため(ナチュラルフィニッシュといいます)、木の粉をアラビアのりで練ったものを使って目を入れました。
表情とか羽の刻み込みはこれからです。




c0330213_19330014.jpgc0330213_19330371.jpgc0330213_19325809.jpg目を入れると、ぐっと表情が現れてきた感じになります。
























次に、胴体部分に羽の形状を出来るだけ正確に
書き入れます。c0330213_19330252.jpg



毎回の事ながら、平面図から立体物に書き写すのに
苦労しています。





c0330213_19330500.jpg書き入れた線に沿って彫刻刀の印刀を使って一枚一枚の
羽を削り出していきます。
前にも書きましたが、爪の薄皮を一枚一枚剥がしていくような非常に細かな作業で、息をつくのを忘れ、思わず深呼吸をすることが度々です。



一通り削りだしたところです。
これから、一枚一枚の角をサンドペーパーで丸くし、

c0330213_19330623.jpg各羽に羽軸と細かな線を彫り込んでいきます。








今年も10月21日から東京都美術館で開催される全日本バードカービングコンクールに出展させたいと思っていますので、楽しみながらがんばっていきます。



今回はコノハズクだけで、オオルリの作業は出来ませんでした。

有り難うございました 018.gif










[PR]
by k-kajyu1099 | 2015-07-25 20:19 | バードカービング
コノハズクの頭と体を削っています

顔の部分の細かな仕上げをしました。
c0330213_15533024.jpg
顔の正面部分は紙やすりを使って滑らかにし、目玉を入れるためにドリルで直径10mmの穴をあけました。
口ばしも削りだし、目と目の間とくちばしの上の部分は細かな羽で覆われているのでその分を残してあります。
色付けの時にその部分に一本一本細い羽を書き入れることになります。


c0330213_15533325.jpg

横から見た頭の部分です。
次回には目玉(ガラスでできている)をはめ込む予定です。コノハズクをはじめとしたフクロウ類の目の黒目の部分は昼間は瞳孔を小さく、夜は大きくなるそうで、ガラスの目も両方ありました。今回は2羽とも大きな黒目の方をはめ込むつもりです。



次は、胴体部分の作業です。
c0330213_15533992.jpgはじめに羽の形を鉛筆で書き入れます。
胴体の部分と、いくつかに分かれている羽の部分をブロック化し、その境目を彫刻刀(3㎜の丸刀)で浅く彫り込みます。これは、羽の部分に頭の方から順番に立体感を出すためのものです。




c0330213_15534488.jpg右側の胴体は、上の写真のものを紙やすりで角を滑らかにし、立体感をだしたところです。

左側は、尾羽の部分を削り出し、羽の部分は焼き鏝で細かな羽を一枚一枚彫り込んだところです。
細かな羽の削り出しは、彫刻刀を使って一枚一枚削っていく方法もあります。焼き鏝を使う作業に比べて非常に神経を使う細かな作業ですが右側の胴体はこの方法で削ろうと思っています。(出来上がった作品はそれぞれ微妙に違った趣が出ます)

c0330213_15534742.jpg

















オオルリの作業です
c0330213_15534261.jpgコノハズクの場合と同じく鉛筆で羽を書き入れます。

削っていく作業も同じなので、写真を添付します。













c0330213_15533502.jpgc0330213_15533701.jpg



















まだまだ細かな作業が続きますが少しずつそれらしくなっていくのを楽しみに取り組んでいきます。


訪問いただきありがとうございました。







[PR]
by k-kajyu1099 | 2015-07-06 17:00 | バードカービング