感じた儘に日常を発信し共感してもらえる方がいたらラッキー!


by かすみくいびと

<   2015年 12月 ( 1 )   > この月の画像一覧

今月4回目の蕎麦打ち教室を楽しんできました

若いころから蕎麦が大好きで、数十年前から趣味の一つとして蕎麦打ちを
続けています。
ある切っ掛けから、例年12月は私の住んでいる市の教育委員会主催等の蕎麦打ち教室の講師を依頼されるようになり、本年は市関係3教室と私的なグループの2か所の講師を引き受けました。(既に4ケ所は終わりました)
その中で、私が副会長をしている、やんちゃな爺様方で約3年半前から続く
男の料理教室での風景を投稿します。17名が参加しました。
水回し、練り、のし、たたみ、切り、茹でのパートごとに実演し、それぞれの作業をしてもらいました

c0330213_20062905.jpg水廻しの風景です。
今年は全国的に蕎麦は非常に不作で、新蕎麦粉が出回る
のも例年になく遅れていますが、幸いにも手に入った
北海道産の新蕎麦粉を使うことができました。

c0330213_20095704.jpg練りあがった蕎麦玉をのす為に、厚さ約1cmの円盤状にするところの実演です。






c0330213_20120238.jpgのしの実演。




c0330213_20070490.jpg                          



各グループでののしの途中での厚さ確認中。
でこぼこしているのを実感してもらっているところ。



c0330213_20131321.jpg                 



のしの要領を実演しているところ



c0330213_20135405.jpg                
              

切りの実演中。
参加者には、幅1.5~2mmに切ってもらいたいのですが現実は、「ひもかわ」か「ほうとう」となってしまう。
これも蕎麦打ちの楽しいところですが。
c0330213_20142960.jpg               


切り作業の個別指導中。




c0330213_20150892.jpg


茹でたての見本を味わってもらっているところ。
次に、参加者が切った蕎麦を茹でてもらうのですが、
幅がある為、いつも茹で時間の判断に苦労しています。
c0330213_20160699.jpg
完成し、ほっとしているところですが、実は自分が何時も一番楽しんでいます。
自分が楽しんでいることで、参加者も楽しんでくれると思っています。




c0330213_20174073.jpg






完成品です。

本当は茹でたてを試食してもらいたいのですが、
参加者みんなが茹で終わるのを待ってから食べるのでのびてしまっている。(仕方のないことですが)
打茹でたてに比べ、私的な感想ですが、香りと味は数割落ちてしまいます。


今月は来週月曜日の教室が最終となるのでその後は待ちに待った燻製作りをするつもりです。
その後は、大みそかに友人たちに年越し蕎麦を50数人分打って、今年の打ち納となります。

閲覧いただき有難うございました。


[PR]
by k-kajyu1099 | 2015-12-15 21:33 | 蕎麦打ち